模試も受けずに・・・

模試も受けずに・・・

陸上ファンとして2年に一度の世界陸上はいつも楽しみにしています。話題は尽きませんが、日本のマラソン界の窮状は深刻です。

男女ともに入賞者なし。

女子マラソンの解説は2人の金メダリスト(プラス増田明美さん)。金メダル。つまり、世界1になった人。この人たちから見たら、今の選手はなんと弱く、もろいことか。。。

どんな結果にもその原因はあります。勝負をすればそこには勝者と敗者が生まれます。日本のマラソン選手がなぜ弱いのか。

2人の解説者はいろんな話をしてはいましたが、一致していたのは「練習が足りない、甘い!」ということ。誰よりもこの二人が練習していたことは間違いがないことなのでしょう。でも、あえて中学生の受験になぞらえて考えてみますとこうも言えるんじゃないでしょうか。

 

「模試を受けていたのか?」

 

出場した選手は、国内の正式な選考レースで確かに好成績を残しました。だからこそ選出されたわけですが、それはいわば中間テストや期末テストでいい点数が取れただけなのではないか、そうは言えませんか。国内の選考レースにも海外から一線級の選手は来ますよ。でもそれは何十人、何百人出る中のわずか数人の話。しかも「日本人選手で1位」などと、海外選手ははじめから別格扱いです。そんな甘っちょろいレースや条件のもとで少し速く走っただけなのに、メダルを狙いたいなどと良くも言えたものだと思います。こういうのを「井の中の蛙」というのです。

 

我々埼玉県の星、川内優輝選手が語っていました。自費で海外に行って走れ、外国勢に囲まれて走れ、と。日本の実業団に身を置いて、給料をもらって走る選手たちに一体どれだけのモチベーションがあるというのでしょうか。
しかも、受験で言えば本番の前に模試を受けますよね。日本のマラソン選手はその模試ともいうべき海外のレースにほとんど出ていません。

 

そして、本番であるオリンピックや世界選手権を終えると毎回口をそろえて同じことを言うのです。「予想外の急激なペースアップがあり、ついていけなかった。」と。アホか。それが海外のレースじゃないですか。

 

マラソン選手ではありませんが、男子100メートルの日本記録保持者である伊東浩司さん(写真の人)が現役時代、海外に単身で乗り込み生活も練習もすべて自分と少数の支援者だけでやっていたという武者修行のような行動、覚えがあります。こんなことまでしろとは言いませんが、せめて海外のレースの2つや3つこなしていなくて、どうしてケニア勢と対等に戦えるというのでしょうか。

定期テストで校内1位だったけど、全国模試を受けたら上位には食い込めなかった。今の日本のマラソン界はこれと何も変わらないと思いませんか。

 

高橋尚子さんや野口みづきさん、また、瀬古利彦さんなど。こんな人たちは20~30年に一人くらいの超逸材なのです。こういう人たちがいくら強化、強化と言ってもむなしいです。あなたたちは悪いけど別格なんですよ。その全盛期を見ているものとしてその強さはまさにホンモノでした。決してフロックじゃない力がありましたから。。。

 

もっともっと海外で戦う経験をさせる。
これがまず強化方針として必要ではないでしょうか。選手層がちがうだけではありません。気候はもちろん走るコースの道路事情だって馬鹿にはできないのです。日本のようなアスファルト舗装の道路はとても走りやすいです。今回のロンドンなどは、石畳だったりします。これって走った感じや疲れ方がかなり違うものなんです。それらすべてを感じ取らずに、海外のレースで勝とうなんて虫が良すぎますよ。

 

マラソンと受験勉強をカケて語ってきました。学校のテストは言い訳がききます。これは習ってなかった、ここは出すと言われてなかった、あの先生の作る問題はおかしい・・・いろいろ言えるでしょう。

それはもういいから
一切言い訳ができないところで戦ってこい!

 

これが、今の日本のマラソン界に言いたいことです。一陸上ファン、マラソンファンとして書かせていただきました。たまにはいいでしょう、こういう話も。。。。

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学校名
学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。